<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.07.14 Saturday  | - | - | - | 

2010年反省、2011年目標

 
毎年恒例。去年の反省と今年の目標設定。
まずは2009年に設定した目標の評価をしたうえで、
総括をしたいと思う。

---
1.[仕事]会社に慣れる。受身にはならない。
 転職直後に設定した意図としては達成。

2.[仕事]ベンダー資格、公的資格をそれぞれ1つ以上取得
 未達。。
 ベンダー資格は1つ取得したが、公的資格は未取得。

3.[体]65kg以内をキープ。
 未達。もはや言うことなし。。

  
4.[趣味]トライアスロンでミドル以上のレース完走
 未達。
 トライアスロンをはじめ、スポーツ活動は全くできなかった。
 レースは横須賀トライアスロン(S.800M、B.20KM、R.5km)になんとか参加。
 なんとか完走。


5.[趣味]フルマラソン4時間半以内に完走
 未達。参加すらできず。ここ数年恒例行事となっていた天山ランも
 今年は参加できず。


6.[趣味]年間2400km/バイク、600km/ラン
 未達。もはや測定すらしてない。。
 
7.[家族]娘に嫌われない。
 なんとか達成。そろそろ距離感を考えないと難しい年頃になってきた。

8.[家族]里帰り/レース以外の1泊以上の旅行の開催
 未達成。

---

【2010年 総括】
目標に対し、ほぼ未達成。仕事に忙殺していた一年だった。
正直、いままでで一番苦しかった一年だったかもしれない。
常に何かに追われ、落ち着いて物事に取り組めず、
さらに追い込まれた気分になるという悪循環。
一時期は前向きに生きる姿勢すら保てなかった。
 
そんな中、娘の幼稚園の行事に参加したり、
2人目を授かってからの出産までのプロセスは、
苦しい環境に色を与えてくれた。

また、湿っぽくなる私に対し、辛抱強く相手をしてくれた嫁と、
なかなか参加できなかったスポーツ活動において、
時折、心配の声をかけてくれた方々に感謝。

そんな支えのもと、何とか底は抜けだしたかなー。
という状況。


【2011年 目標】
苦しんだ2010年だったが、2011年「自信と健康の回復」を目指す。
2009年と同様のメンタルとフィジカルを取り戻したい。
そういった意味で、目標は去年と同じ内容のものが多くなるかと。

仕事では環境には慣れてきたというものの、
まだ必要のないストレスを感じているところがあります。
スポーツ活動では、以前のような練習量をこなすのは環境的に難しいが、
前向きに取り組む姿勢は取り戻したい。。
家族はやはり、1泊旅行に行く計画を立てるぐらいの心の余裕は持ちたいなと。


----
1.[仕事]公的資格およびベンダー資を1つ以上取得
 
2.[スポーツ]ショート以上のトライアスロンレースに参加

3.[スポーツ]クラブランの熱海合宿に参加。

4.[スポーツ]天山ランに参加し、小田原まで集団に付いていく。

5.[家族]里帰り以外の旅行を計画。
  今のところ米子(父の実家)を予定。

7.[家族]妹の独身生活に終止符を。お手伝い。

6.[マネー]繰り上げ返済orローン借り換え

8.[体]68kg以下に。※少し目標を落とす。

9.[その他]何かデザイン的な活動をする。

10.[その他]庭の芝生の復活と裏林の雑草撲滅。

-----

 

2011.01.01 Saturday 21:59 | comments(1) | - | other | 

束の間の休息

破滅型SE 化してるkmtです。

休暇は11月にとる予定でしたが、またもや
気分に塞ぎがちになってきていたため、
急遽二日間休みをもらいました。

4連休になったわけですが、
休暇というよりも、療養するくらいの気持ちで
あまり無理はしないでおく方向で。

結果、遠出はしませんでしたが、リフレッシュすることができました、

娘とザリガニつりにいったり、
こどもの国へプールにいったり、
子ども預けて、ジブリの映画みたり。


休み明けの今日は終電がえりになってしまいましたが
休息はひつようですね。


2010.08.17 Tuesday 23:13 | comments(0) | - | 仕事 | 

ここ2ヶ月で読んだ小説。

やみなべの陰謀 田中哲弥
 田中哲弥、初体験。は面白かった。が、最後まで解決してない部分もあり。

レイクサイド 東野圭吾
 暇つぶし小説

ジェネラルルージュの凱旋 海堂尊
 映画より小説のほうが、血が沸いた。

イノセントゲリラの祝祭 海堂尊
 小説というより、ドキュメンタリー。ちょっと残念。

メビウスレター  北森 鴻
 あまり記憶に残らない。残っていない。

探偵伯爵と僕 森博嗣
 森博嗣にしては、浅いかな。

邪魔 奥田英朗
 奥田っぽい、ジメジメした感じ。気分が沈んでいる人にはNG。

告白 湊かなえ
 最初の章から衝撃。ストーリー、構成、とても巧み。
 今までの小説からはなかったものを感じた。
 映画も小説に負けず。小説読んだ後の映画で納得のいくものは珍しい。
 中学生の描写はかなりリアル。中学って、あんな感じだった。
 一歩間違うと同じ境遇になっていたと思う。

小春日和 野中柊
 ほのぼの。

女たちは二度遊ぶ 吉田修一
 ショートストーリーズ。一遍読むだびに置いてけぼりにされた感じ。
 深いとみせかけて、浅い。たぶん。


卒業 東野圭吾
 "How done it"に終始した東野圭吾初期の作品。昔はこんなミステリも書いてたんだ。という感じ。

眠りの森 東野圭吾
 一転、"Why done it"要素が強い作品。やはりこの種のほうが好み。

2010.07.01 Thursday 00:04 | comments(0) | - | - | 

久しぶりのローラー、てか運動

今日も出勤、仕事の予定でしたが、

朝起きたら疲れで体動かず、今日は充電することに決定。

月曜日までにやんなきゃいけない仕事がたくさんですが、開き直りです。

だって、体が動かないんだもの。

---

今朝知ったのですが、今日は娘のプール教室の振り替え日だったらしく、

プール習い始めて半年、初めて見学してきました。

年齢にしては、少し高いクラスに進級しており、クラスで一番小さな体で、

一生懸命バタ足の練習してました。1時間、片時も目を話さず応援してしまいました。

---

体力が回復してきたので、夜は久しぶりにローラーまわし。

たいした負荷をかけたわけでもないのに、たった30分なのに、、

心臓ばくばくで、筋肉プルプルでした。


---
筋肉プルプルは明日にでも回復するでしょうが、

過食傾向のこのごろ、おなかのプルプルは長期戦になりそうです。








2010.06.26 Saturday 23:51 | comments(0) | - | - | 

ご心配おかけしました。

 
弱気なエントリーを残したまま、しばらく更新を怠ってしまいました。
前回のエントリを読んでいただいた多くの方から、声をかけていただきました。
心配をおかけして、申し訳ありませんでした。。
今は、あいかわらず、激務ですが、元気にやっております。


--
ただし、トラにおいて、
前のような、高いモチベーションを維持するための
時間的、精神的な余裕がありません。(どちらかというと後者。)

以前から、
仕事と家族とトライアスロンの3つこなせてこそ、充実した生活!
なんぞと、振りまいていましたが、仕事のウェイトがおおきくなり、
生活を見直す必要がでてきました。

現在、とりあえずトラを一旦凍結し、生活を見直しているところです。

そんななか、休日のすごし方として、
 午前中、娘のプール。
 午後は家族で買い物。
 夕方から、翌週の仕事の確認
というのが定着してきました。


これはこれでいいのですが、
やはり出てくる腹、落ちた筋肉などの体の変化が出てくると、
このままじゃイカンという気持ちになりますね。

まずは、無理をしないことを優先して、
もう少し変化に慣れてきたら、また頑張りたいと思います。


2010.06.06 Sunday 22:44 | comments(0) | - | 仕事 | 

本当につらかった1週間


先週末から今週まで、本当につらかった1週間でした。

絶好の自転車日和に絶景の場所を走っていても、楽しめない。
朝は胃痛で、目が覚め、トイレでリバース。
食欲もなく、朝も昼もほとんど、ご飯には手につけられない(つけたくない)。

朝に比べると、夜は若干マシになりますが、これはは典型的なうつ病の症状。
また、朝になるのがいやで、眠りたくない。


ストレス過多。
自分でも、これほどにストレス耐性がなかったことに驚きました。

---
4月から立場がかわり、生産性、振る舞いともに期待されるレベルが高くなりました。
また、即座に解決できないタスクがバラバラと発生し、
自分の中で吸収できない状況でもありました。

---
表向きは任されている範囲でリーダーという名前がつきましたが、
積極的に人をコントロールする(しなければいけない)立場ではない、という気持ちでいました。
これは自分の中では、甘えというより、遠慮の気持ちのほうが強かったと思っています。

転職当初、仕事を選ばず、まずは与えられた仕事を着実にこなすことが大事と考え、
もらったタスクについては、自分でなんとかすべきと思っていました
そんな折、自分だけでは、なんともできないタスク量、タスクレベルになった状況ことに対し、
うまく対処できなかったのだと思います。

--
そんな私を見てか、週の半ばに私のリーダから
「いかに周りを巻き込み、人の力を借りることが重要であり、
それがリーダーに必要な要素」といわれました。

---
規模や中身は違えど、今までもそういった立場で仕事はしていました。
それが結果的に、自分の負荷軽減もさることながら、
成果物レベルの向上につながることは理解できました。

周りが優秀な人ばかりの中で、
「自分ぐらいレベルでは担当者であるべき」という気持ちが、
先行して、期待されている内容とのギャップに苦しんでいたのかもしれません。

---
なんであれ、ある程度、ふっきれました。
自分のおかれている立場を自覚し、周りを巻き込み、ベストを尽くしたいと思います。

時に優先度が低いとおもったものは、スルーもしますし、
自分以外がやったほうがいいと判断したものは、パスもします。
ただ、ボールがどこに行方はしっかりトレースし、
自分が担当になったものについては、しっかり対処したいと思います。


---
最後になりましたが、あからさまに元気のなかった私に対し、
心配してくれたり、お誕生日祝ってくれたり、お弁当作ってくれたり、してくれた方、
ありがとうございます!

来週からは、頑張りまっす!


2010.04.24 Saturday 00:58 | comments(0) | - | 仕事 | 

2009年度 練習総括


年間の練習量

 SWIM   47.25km
 BIKE    3085km
 RUN    633km

SWIMすくな。
後半はジムをやめたので、距離が伸びませんでした。
BIKEとRUNは、足りないけど、練習日記をみると、
仕事とか体調とかを考慮すると、妥当なところかな。


今年は、年間通して、平日練習する時間が取れなさそうなので、
これよりも少なくなると見込み。

現状の外部要因を考慮したうえで、
挑戦的かつ実現可能な目標をたてるのが、大事。

出場レースも見極めたいと思います。

2010.04.07 Wednesday 23:32 | comments(0) | - | 〜トライアスロン全般〜 | 

My Funny Valentine






ポロロ〜と軽いリズムのピアノの前奏の後に続く、マイルスのソロ。

重く暗いイメージを基調としながら、ときおり背筋にぐっとくるような美しいメロディ。

終盤で2ビートから4ビートにチェンジして、ピアノソロへつなぐ。

バトンを受けたレッドガーランド。

マイルスからの4ビートそのままつなぎ、ラッパソロとは異なる、軽快なリズムでソロ展開。

この展開は、マイルス&アダレイのAutumn Leavesを彷彿とさせます。

再び、マイルスソロ。

ピアノのすこし遊びすぎたソロに対し、

MyFunnyValentineが持つ特有の雰囲気へ姿勢を正す。

ただ前半の暗いイメージはなく、どこか肩の荷が降りたような、

どこかすがすがしさを残しつつエンディングへ。


---
本当の名演だと思います。
実際の歌詞は失恋の歌ではないのですが、
曲全体に抱く印象はこんな感じす。

 前半ラッパソロ  失恋し、深く沈む女性
 中盤ピアノソロ  軽快な言葉で、励ます友人
 後半ラッパソロ  未練を残しつつも、前向きに立ちがる女性

なんだか、私が書くと稚拙になってしまいますが。
詩のない曲でこれだけの、世界観を出せるのは、
マイルスの演奏力に加え、曲のアレンジに対するこだわり、
それに対応可能な優秀なメンバーが、揃ってのことだと思います。

そでも、マラソンセッションの1曲なんだよなぁ。。


2010.04.03 Saturday 08:53 | comments(0) | - | music | 

逗子ランチ ミゲツー


久しぶりのミゲツー。
前の会社の人含めて3人で行ってきました。
今回、目指すは逗子のゆうき食堂。

アプローチは相模川~茅ヶ崎経由。
逗子ではまず、披露山公園に。
眼下の豪邸見ながら、セレrブの生活に思いをはせる。

ゆうき食堂にて、お刺身定食をいただく。
おいしかった〜。
ただ、この時間帯から急に気温が下がってきたので、そそくさと出発。

帰りは境川から帰宅。走行距離、100kmぐらい。

たまには、最後まで体力残っている遊びもいいよね?

2010.03.28 Sunday 22:52 | comments(0) | - | 〜バイク〜 | 

惨敗。糸魚川ツー。


出発2日前の金曜日の昼から土曜日の昼までの通しの勤務。

ろくに睡眠も取らないまま、AM、2時半出発。

相模湖まではご存知のとおり暴風雨。

時折、横風にハンドルを取られれても、枝が横から飛んできても、お構いなし。

相模湖すぎると、ごまかしていた体の不具合が表面化し始める。

大月駅でたまらず、足をつき、その場でリバース。

雨がしとしと振る中、体温が上げられず、体も冷えてきた状況で、

笹子峠手前、AM6:00、無念のリタイヤ宣言。

---
リタイヤ宣言したものの、楽に帰る術がない。

着替えも持ってないし、店も開いてないし、そもそもお店が見当たらないし。

大月駅で思考をめぐらすも、結局、自走で引き返しました。

期せずして140km走りました。

帰宅後は爆睡。zzz。、
---

自分から言い出し、

店長には準備段階でいろいろとお手数をおかけしたのに、

大変申し訳ありませんでした。。

次回こそは!一人で行くかな。。

2010.03.22 Monday 17:45 | comments(3) | - | 〜バイク〜 | 
<< | 2 / 29 PAGES | >>