<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.07.14 Saturday  | - | - | - | 

スイム練習(スキルメイン)

 
伊良湖トライアスロン終わって、練習サボり気味でした。。

どこかできっかけ作らないと思い、M澤さんに声をかけたところ、
スイム練になりました。

今日はスキル練習メイン。
スカーリングや片手プルなどをしているときに、M澤さんからフォームとキックの指導。

腰が沈んでおり、それを持ち上げるために、バシャバシャと細かいキックになっている。
これは足の疲労にも繋がるし、推進力も得られない。
とのこと。

なるほど。
キックのバシャバシャは前から気になっていたのですが、
フォームとの関連性は、気づきませんでした。

---
有効な練習方法はプルブイ。
またにブイを挟んで、腰を安定させ、プルの推進力で前に進む練習。
初めてやってみましたが、見るは易し、やるは難しでした。
まっすぐ前に進まない。
軸がフラフラとずれてしまい、それを無理やり
本来使わなくていい、キックで修正しようとしているのが、
自分でも分かりました。

---
他の人の泳ぎをみていると、力が抜けているのにぐいぐい前に進んでいる人がいて、
うまく水と同化している感じ。

そんな半漁人になるためには
フォームの改善の余地はあると日ごろから感じていたのですが、
その足掛かりとなったような気がしました。


---
今日の練習
SWIM-2km

2009.10.02 Friday 12:08 | comments(0) | - | 〜スイム〜 | 

ぐーちょきパー練


SWIM練習

グーで行って帰って
チョキで行って帰って
最後にパーで行って帰ってくる。

水を掴む感覚を養う練習。
やってみればわかりますがパーのときは水の重さが全然違います。

50m最高41秒。
なかなか40秒切りできないな〜。

2009.02.06 Friday 23:15 | comments(0) | - | 〜スイム〜 | 

SWIMの課題


(SWIMの現状と考察)
 ・現状
  1本目は水をつかめている感じがする。かならず一本目のタイムが一番いい。
  1本目以外はほぼ同タイム。伸びる気配なし。 

 ・考察
  1本目とそれ以外のタイムの違いは、「息継ぎ」
  私は左手が上がるときにしか息継ぎできないのですが、
  1本目は呼吸に余裕があるため、息継ぎなしプルが可能。
  このときは左手もいい感じで水をつかめていて、
  フォームも安定している(気がする。)
  一方、息継ぎが入ると、足とのタイミングもプルのリズムがバラバラになる。
  あと、息継ぎ後の左手にまったく水がつかめていない。(気がする)


 ・自分的対策
  解決方法は大きくは二つ
   嵜看抖’修龍化」で息継ぎを減らす
   もし考察が正しいなら、
   2回に一回ぐらいの息継ぎになるとタイムも違ってくるかもです。
   何にしろ心肺の弱さは今に始まったことではないので、継続トレーニングです。
   ランにも自転車にも影響してきますしね。


  ▲侫ームの改善
   タイムはひとまず置いておいて、ゆっくりリズムを意識した練習をする。
    「バシャン、バシャン、バシャン、・・・」上手い人はこんな感じですね。

   現状息継ぎ後の手はたとえるなら、「ざる」。
   息継ぎしなかった場合のキャッチの感覚を十分インプットして、
   息継ぎ後の左手を処理する。左手を息継ぎためだけの手段にしない。    



2009.01.09 Friday 19:35 | comments(2) | - | 〜スイム〜 | 

11/12 水泳練習

昨晩は23:00〜24:00で燦坐水泳部でした。



■練習内容
総泳距離 2300m
・アップ 200m
・スピード 200m x 4 (3分30秒持ち)
・ダウン 50m
・技術練習 200m x 3 (10秒レスト)
 スカーリング前 50m
 スカーリング中 50m
 右手クロール 50m
 左手クロール 50m
・スピード 100m x 6 (2分持ち)
・ダウン 50m

---
200m練習の3本目はすでに10秒オーバーで休みなし。溺れそうでした。
100m練習はタイムオーバーはなかったものの、心肺の限界を感じました。
中学校の1500m走の辛い記憶を思い出しました。

あと、スカーリングの指導を受けて
クロールのフォームが基本的に間違っていることに気付きました。

腕の着水から肘をまっすぐにして、真下に掻いていましたが、
どうやら肘からまげて、内側(体の真ん中)を通ってリリースするのが
正しいフォームのようです。

ゆっくり泳ぐ分には問題ないのでしょうが、スピードあげるためには改善が必要。


2008.11.13 Thursday 12:10 | comments(0) | - | 〜スイム〜 | 

宴会と水泳部

昨日は会社の宴会後に水泳部でした。

宴会って、みんなでワイワイ飲んで、笑って。(私は飲めませんが)
確かに楽しいけど、
どこか虚勢張っているというか、無理やり楽しもうとしている。って意識がある。
いやホントに楽しいんだけどね。

その後のM沢シェフとの練習、交わす言葉は練習メニューとアドバイス程度で、
1時間の練習中の会話時間は5分もない。
プール上がるとM沢シェフはジャグジー。
私はそのまま帰宅するので、さくっと解散。

だけど、終わった後の帰り道は、この上ない充足感。
なんでだろうね。これだけ会話少ないのに一人よりも仲間と一緒のほうがいい。
これがあるから、家族に優しくなれるし、仕事にも精を出せてる。
(気がする。)
これは、水泳の練習に限らず、ランでもバイクでも同じ。

要するに私にとってはいわゆるストレス発散だとか気分転換だとか
充電とかの手段はアルコールよりも運動ということ。

もう少し実力が伴うといいのですがね。



----
今日の練習

400m X 1本(自分のペース)  

▲好ーリング練習 X 4セット (10秒レスト)
 スカーリング前 25m クロール 25m
 スカーリング内 25m クロール 25m
 右手クロール 25m  クロール 25m
 左手クロール 25m  九ロール 25m    


水を掴む練習 X 2セット(10秒レスト)
 グーでクロール  25m チョキでクロール 25m
 普通にクロール  50m

総距離 1400m

今日は干物屋で干物8枚たべた後の練習でした。
スピード練習はリバースのリスクがあるため、
テクニカル練習でした。
の練習でパーのときに水を掴む感覚を体感。


2008.10.30 Thursday 12:35 | comments(2) | - | 〜スイム〜 | 

スイム はじめてのインターバル


先日初めてSWIMインターバル練習をしました。

今までSWIMの練習といえば、
スタートして、そのままだらだら1.5km〜2kmくらい泳ぐ
というものでしたが、一昨日、
M沢シェフ(トライアスロン教官)と一緒に練習した際、
はじめてインターバル練習をしました。

 #M沢シェフには前々から声をかけていただいていたのですが、
 #機会に恵まれず、今回がはじめて。

400mほどアップして、集合の合図。
「じゃ、1分持ちで50mX10本」ねと。

10分で500m泳ぐのですが、
50mを80%ぐらいの力で泳ぎ、
1分までの残り時間をレスト。

少しずつ負荷をあげていく練習方法も
あるみたいですが、マックスで泳いで
40秒かかる私にとっては、
1分持ちでセーブするような泳力がありません。
当然、本数を重ねるごとに遅くなっていきます。

だいたい1本目が43秒ほどで帰ってきて、
3本終わったころには心拍はばくばく。
5本目までに50秒弱。最後は55秒前後。

今までの練習に比べて、めちゃめたしんどい。

しかし、楽しい!
自分を追い込んだあとの充実感ってサイコー。


その日は、もう1セット50mX10本をこなして終了。
総距離は1500mほどですが、疲労度は普段の数倍。

いい練習になりました。

でも一人じゃ、なかなかできないだろうな。

2008.10.14 Tuesday 12:28 | comments(2) | - | 〜スイム〜 | 

キロ20分


スイムの練習を開始して、2ヶ月。
安定心拍を維持しながらだとだいたいキロ20分弱ということが分かりました。

1キロ泳いだら20分弱。
2キロ泳いだら40分弱。

2キロ以上はまだ泳いだことがないので分かりませんが、
感覚的には、同じペースを維持できそう。

トライアスロンにおいてこのペースでスイムをあがれれば、かなりの好タイム。
海&レースとなるとそうはいかないんだろうなぁ。。

まずはプールで4km完泳!!

2008.02.24 Sunday 22:30 | comments(0) | - | 〜スイム〜 | 
 | 1 / 1 PAGES |